★8/6(土)西荻窪cafe bar Zizi Annabelle 『August Live』
open18:00 start 18:30 ¥1500+1ドリンク
【出演】 湯浅秀栄/スズキタクヤ/井形大作/げんろく/笹目と稲葉(JAZZ)

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低髄関連(脳脊髄液減少症)

2008年03月18日 23:42

どうも~タクヤです。

あ~それ、それ、それそれそれそれ!

ここ2日間は~、うぇ~ぃ!
花粉症プラス~ふぇ~ぃ!
咳が半端じゃありゃしない!
でも、そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!

はい、おっぱっぴー!

おっぱっぴー言うとりますが日記書きます。


推測ですがどうやら花粉症から風邪に移行してしまったみたいです。
変な咳が出ます。
明らかに花粉症とは違う症状です。
吸気時に呼吸苦を伴います。

花粉症で鼻汁も酷く、排痰したり鼻をかむと少量の血液が混じってます。
どこかしらに炎症が起きてるのでしょう。

それにしても息が苦しいです。
明日は休みだからゆっくり休むとしよう。

この辺で低髄関連の記事を見付けたので参考までに載せておきます。

毎日新聞「脳脊髄液減少症:「事故で髄液漏れ」 横浜地裁、治療費支払い命令--4例目判決」

この記事の中で「交通事故で脳脊髄(せきずい)液減少症(髄液漏れ)を発症したかが争われた民事訴訟で、横浜地裁が今年1月、事故と発症との因果関係を認め、加害者に治療費など676万円余の支払いを命じたことが分かった。因果関係を認める民事訴訟判決が明らかになったのは4例目。事故の相手側は控訴している。
 髄液漏れ発症のメカニズムには未解明な点が多く、診断基準が定まっていない。このため、訴訟を通じなければ救済されない実態があり、研究の進展が望まれている」

とありますが、僕の時は加害者の対応は酷く「お詫びをしたいので会いたい」と言われ、やむを得ず会いに行ったら加害者はサングラスに帽子被ったままで話の第一声が「示談書書いてください」でした。

その後、仲間を二人呼び出し「書けよ」と脅されました。
何とも卑劣な加害者です。結局「お詫び」の一言もありませんでした。
自分が悪いだなんて少しも感じてないのでしょう。
恐らく脅せば何とかなるだろうみたいな雰囲気でしたがそんな卑怯な手には乗りません。
話にならないので帰りました。

訴訟しようと準備してましたが結局、僕の精神的苦痛、身体的苦痛や諸事情により訴訟はなくなりました。

結局苦しい思いをするのは被害者なのです。

僕にもこの記事くらいの勇気と精神力があれば行動に移せたかもしれません。

しかし、現状としてはかなり困難なものです。
ただでさえ、辛い状況下にあるのですから。

患者の気持ちを考えてもらいたいものです。
この記事では支払い命令が出たので良かったと思います。
 
加害者にはこの病気の理解と患者の気持ちを考えてもらいたいものです。
加害者よ、もしあなたが逆の立場ならどう思いますか?
苦しんでる患者(自分自身)が加害者に追い詰められたらどんな気持ちですか?

何事にも言えますが、逆の立場になって物事を考えるということが大事なんではないでしょうか。

この病気の診断は難しいものがあります。
診断出来る医師もまだまだ少なく、国も保険適用を認めていません。

何故この国は平等な医療制度ではないのでしょう。

一般市民にブラッドパッチ治療費一回約20~30万円など払えますか?

療養期間中に保障がされずどう生活されますか?

国会議員の半数以上がこの病気になったら制度が変わるのでしょうか?

もっと実態を知っていただきたいものです。

そして低髄(脳脊髄液減少症)患者さんに早急な対応を施していただきたいものです。

スポンサーサイト


コメント

  1. yuki | URL | -

    こんばんは・・

    花粉症からこじらせてしまってるんですね・・・ひどくなる前に病院に行って下さいね。

    タクヤさんと出会わなければ脳脊髄液減少症と言う病名さえ知らなかったし 理解できなかったと思います。
    事故からそういう症状になるとも知ってホント 自分の運転も、もっと注意するようになったし 怖いと痛感しました。

    ほんと 日本の医療制度が恵まれてないと思います。 保険が適用されれば事故などで精神的にも・体にも傷ついた人が 少しは救われるのに それさえも出来てないって・・・

    相手を思いやれる、相手の立場になれる人ってとっても大切だし、それが当たり前だと思います。そういう風に考えられない人は 自分がその立場になった時に気付くんでしょうね。 悲しいですね。

    タクヤさん・・無理はしないでくださいね。苦痛も伴ってしまうだろうし大変だと思います。頑張りすぎない^^ですよ。
    いい言葉が書けませんが 低脊髄液減少症の方やそれ以外の病気で保険適用されていない方々にいい方向に進むように・・・
    陰ながら応援しています。
    ではでは・・・ お大事に。

  2. 代表鍵戸締り役タクヤ | URL | mQop/nM.

    yukiさん

    コメント遅くなりましたくや。
    花粉症はピークは過ぎました。

    確かに脳脊髄液減少症と言う病名はまだまだ認知度が低いですね。
    ネットを通じて色んな人に知ってもらえたらと思います。

    事故は規模に関わらず怖いものです。
    後遺症がありますから。

    応援有難うございます。
    とても励みになります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://suzukitakuya.blog38.fc2.com/tb.php/22-0810704a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。